MEIJO 未来創造宣⾔未来にチャレンジ!卒業⽣たちの活躍

未来創造宣言01

人々や世の中に影響を
与えられる技術者に

日本アイ・ビー・エム株式会社

髙尾 凌我(たかお りょうが)さん

2021年3月卒業 愛知県/五条高校出身

名城大学在籍時には、「プログラミングコンテストを通じたITエンジニア育成プロジェクト(以下ITエンジニア育成プロジェクト)」や学部横断型のオナーズプログラム「名城大学チャレンジ支援プログラム」をはじめ、学内外でさまざまなプロジェクトに積極的に参加。2021年4月、日本アイ・ビー・エム株式会社(以下日本IBM)に入社し、顧客企業の業務を効率化するためのシステムの導入やサービスの構築に携わる。

自分を成長させてくれた先生や友人との出会い

 実は大学に入学するまで、パソコンは「情報」の授業でさわる程度でした。そんな私がなぜ情報工学科に進んだかというと、IT企業が舞台のテレビドラマを見て「プログラミングができたらかっこいいな」と憧れたから。それに加えて、当時は特になりたいものが見つからず、進路をあれこれ思案しているうちに「情報系の技術はあらゆる分野で求められているし、これからはプログラミングが大事になる」と考えたことも大きな理由です。
 入学当初、パソコンのスキルはほとんどなかった私ですが、今、プログラミングが得意だと自負できるまでに成長できたのは、情報工学科が始めた学びのコミュニティ創出支援事業「ITエンジニア育成プロジェクト」に参加したことや、情報工学科の先生との出会いを通じて、学びへの取り組み方を変えられたからだと思います。
 取り組み方を変えるまでの私は、将来に対する具体的な考えがないにもかかわらず、「良い成績を取りたい」と言ってみたり、勉強会にたくさん参加して「スティーブ・ジョブズになる」と言ってみたり、大きな目標を掲げる一方で、目的が伴っていませんでした。それが変わったのは、2年生のときに学科主催の「グローバルエンジニア研修」担当の川澄先生から投げかけられた「君はいったい何がしたいの?ちゃんと考えている?」という言葉。その言葉をきっかけに「自分は何がしたいのか」と目的をしっかり考えるようになり、参加したハッカソンなどでも次第に賞をいただくようになりました。
 チャレンジ支援プログラムで出会った他学部の学生や、グローバルエンジニア研修で出会ったタイやミャンマーの学生から大きな刺激を受けたことも大きな成長につながったと思います。名城大学はチャレンジしたい学生への支援がとても手厚く、たくさんの挑戦する機会とサポートを与えてくれたので、とても感謝しています。

お客様の課題を解決するシステムを構築

 日本IBMに入社を決めたのは、2年生の終わりに参加した勉強会の講師が日本IBMの社員の方で、面白そうなことをやっている会社だなと思ったからです。3年生の夏休みにはインターンシップに参加して多くの社員のみなさんから話を聞く中でますます興味を持ちました。
 また、ハッカソンでモノづくりに取り組む際に日本IBMが開発したAIシステム「Watson」をよく活用していたため製品にも馴染みがありましたし、グローバルな仕事ができることや充実した研修システム、他社の技術を積極的に活用していることも魅力でした。
 職種は「ITスペシャリスト」で、お客様の課題解決や業務の効率化に役立つシステムやサービスを構築する仕事です。要件定義からシステム設計・構築、運用・保守までお客様とコミュニケーションを取りながら、プロジェクトを進める、システムエンジニア兼コンサルタントのような役割を担います。まだ入社したばかりで実際の仕事には携わっていませんが、さまざまな仕事に関わっていきたいと思います。

仕事を通じて成長のきっかけを与えられる人間に

 これからの目標は仕事を通じて出会った人はもちろん、その周囲の人々にも影響を与えられる技術者になること。大学時代、チャレンジ支援プログラムでは、日本IBMのサービスを学び合うコミュニティを立ち上げて活動していたのですが、この活動を通じて「DevRel(Developer Relations)」という開発者向けに自社の技術やサービスを広めるマーケティングの手法を知りました。ITスペシャリストとしてお客様に貢献することはもちろん、開発者側とつながりを持てる「DevRel」にも携わることで、誰かの学び・気づきにつながることができればと考えています。
 私自身、人との出会いに恵まれ、成長のきっかけを与えられてきたので、これからは成長のきっかけを与えられる仕事ができる人間になりたいです。まずは日本IBMでさまざまなことを経験し、吸収して、自分自身が成長したいと思います。

 情報工学は、さまざまな分野で利用されています。その情報工学を学ぶことは世界の基盤を学ぶことでもあります。まだまだ発展途上のため、深く学ぶことで世界を変えることもできる分野で、何よりとても面白い分野です。ぜひ名城大学で情報工学を学ぶ最初の一歩を踏み出してください。