Loading...

教員紹介

教育活動

教育研究に対する取り組み・抱負

学生は、無限の可能性を秘めていると思います。この可能性を最大限に伸ばす手助けとなる教育を行うことが私の教育に対する基本理念です。また、教育と研究は別物でありますが、切り離しては考えられないと思います。教育には研究が必要であり、その研究で最も重要なことは、研究を楽しむことであると考えています。

担当科目(学部)

コンピュータアーキテクチャ1

担当科目(大学院)

計算機工学特論

研究活動

主な研究業績

  • 理工系 情報科学,共立出版
  • 統計補正処理を用いた経路選択リングオシレータPUFとその実装評価,システム制御情報学会論文誌,Vol.25, No.1
  • Placement Tool Dadicated for a Via-Programmable Logic Device VPEX,ISCA Journal of Computers and Their Application, Vol.18, No.4
  • 上流設計工程でのサイドチャネル攻撃に対する耐タンパ検証手法とその評価,電気学会論文誌C,Vol.131, No.11
  • Hardware-oriented Ant Colony Optimization and its application to dynamic route guidance problem,IEEJ Trans. on Electrical and Electric Engineering, Vol.6, No.3

主な社会・学会活動

平成19年1月
IEEE Kansai Section MDC Secretary (平成22年12月まで)
平成19年4月
情報処理学会システムLSI設計技術研究会:運営委員(平成22年3月まで)
平成19年4月
情報処理学会英文論文誌(Trans. on SLDM):編集委員(平成21年3月まで)
平成23年4月
日本知能情報ファジィ学会 東海支部:幹事(現在に至る)
平成23年6月
電子情報通信学会 英文論文誌特集号(IEICE Trans. on CAD):編集委員(現在に至る)

所属学会

IEEE(米国電気電子学会)

情報処理学会

電気学会

システム制御情報学会

女系ファミリーに輝く男子