カリキュラム

情報工学部のコースとプログラムを
紹介します。

情報工学部では、社会のさまざまな分野で情報エンジニアとして活躍できるよう、2つのコースと4つのプログラムを組み合わせることにより、興味や適性にあった学びを、自ら組み立てることができます。幅広い科目群の中から悩みながら履修科目を選んでいくことが、将来の道を探すことにも繋がります。 

興味と適性に応じて選べる、
2つのコース

自分の興味や適性、目指す将来に合わせて、どちらかのコースを選択します。
コースによって、身につける知識やスキルの志向性が異なります。

総合コース

情報工学の異なる4つの領域の中から自らが選んだプログラムを中心に、情報工学の考え方や技術を深く体系的に学びます。ノーベル賞受賞者を擁する理工学部のDNAと研究レベルを引き継いだ環境で、世界が認める研究実績に触れながら圧倒的な知識と発想を身につけます。

代表的な科目:
「アルゴリズム・データ構造」 「離散数学」 「応用解析」

先進プロジェクトコース

PBL(Project Based Learning)を導入し、実社会で利用されている情報工学を実践的・体験的に学びます。企業で活躍する現役の情報エンジニアたちから直接指導を受けるチャンスもあり、また、他者と協働しながら活動するためのさまざまなスキルも身につけます。

代表的な科目:
「創造的思考法」「アプリケーション開発」「PBL概論」

情報工学を広くカバーする、4つのプログラム

異なる専門領域をカバーする4つのプログラム。『総合コース』『先進プロジェクトコース』のどちらの所属の学生も、データサイエンス、プログラミング、ディジタル信号処理やアルゴリズムなどの情報処理技術の基礎を学んだ上で、自ら選んだいずれかのプログラムを中心に、知的好奇心の方向性に合わせて、卒業までに1つ以上を修得します。意欲のある人はすべてのプログラムを修了し、広く深く知識を身につけることも可能です。

フィジカルコンピューティング
プログラム

情報を実体化する分野を扱います。情報を取得するためのハードウェアとそれを利用するためのソフトウェア、その両方のしくみを理解します。

代表的な科目:
「ディジタル回路」「電気電子回路」「システム制御」「ハードウェア記述言語」「センサ工学」

データエンジニアリング
プログラム

情報を処理する分野を扱います。基本ソフトウェアをはじめとするソフトウェアの原理や、情報管理、アルゴリズム、知識情報処理の方法論を理解します。

代表的な科目:
「パターン認識」「ソフトウェア工学」「言語オートマトン」「プログラミング言語論」「人工知能」

ヒューマン・メディア
プログラム

情報を表現する分野を扱います。画像・音・言語などのメディアから情報を抽出するしくみや、それらを加工して利用する方法を理解します。

代表的な科目:
「マルチメディア基礎」「コンピュータグラフィックス」「バーチャルリアリティ」「感性情報処理」「音声・音響信号処理」

ネットワークシステム
プログラム

情報を交換する分野を扱います。伝送路を介して情報を高速に伝える方法や、ネットワークを介して情報を確実かつ安全に交換するしくみを理解します。

代表的な科目:
「情報通信ネットワーク」「情報セキュリティ」 「ワイヤレス通信」 「符号理論」 「信号伝送論」

情報工学部で学ぶ科目群

理工学部の学びをベースに、コンピュータやプログラミング、インターネットなど情報工学の基礎から、AI(人工知能)、VR(バーチャルリアリティ)、サイバーセキュリティ、自動運転などの最先端分野に至るまで、幅広く学べます。